収納ピットをガチ分析!評判・口コミから料金まで徹底解説!

収納ピットの特徴

収納ピットは大阪近郊に最大級の店舗数をもつトランクルームで、屋内型トランクルームと屋外コンテナを取り扱っていますから必要に応じて選択することができます。

収納ピットでは管理費はかかりませんし、最短1ヶ月の利用が可能ですから初めてトランクルームを利用するという人にもおすすめです。

収納ピットのコンセプトは、「あなたに一番近くて安いレンタル収納スペース」を目指していますから、都市部ではビルの空室を利用して屋内型のトランクルームを運営していますし、郊外では無料駐車場を完備した屋外型のコンテナを展開しています。

特に都市部などは預けた荷物をすぐに出し入れできることが重要なポイントと考えている人が多いので、家から近い距離にあることが大きなメリットとなっています。

郊外は大型の荷物を預ける人も多いため、無料駐車場を完備した屋外型のコンテナは使いやすくそれぞれのニーズに合わせて展開されているのが収納ピットの特徴となっています。

収納ピットの評判・口コミ

・実家に置いていたスノーボードの道具を持って行くように言われたので、それを機にトランクルームを利用することにしました。いろいろなトランクルームがありますが、収納ピットは自宅から近くの場所にあり、スノーボード以外にも季節物の家電なども収納することができたので、家をすっきりさせることができ大変満足しています。

・屋外型のコンテナを利用しています。自宅のガレージが狭く車1台がやっとなので、バイクを収納しています。
収納ピットはセキュリティもしっかりしていますから盗難などの心配もなく安心して利ようできています。

・物が捨てられない性格のおかげで、家中衣類であふれかえってしまい何とかしようと思ってトランクルームを探していました。
近くに収納ピットがあったので活用させていただいています。衣類以外にも年間行事商品も収納でき家をすっきりと整理することができました。
このように、収納ピットの口コミを見ると使い勝手が良い、家から近い場所にあるので便利という特徴があります。
収納ピットは屋内トランクには防犯カメラや専用のセキュリティカードを導入していますし、屋外のコンテナも1階のみとなっていますから死角もないのでセキュリティも万全となっています。
また大阪市を中心に160店舗以上ありますから、わざわざ車を何十分も走らせる必要もなく、気軽に利用できるというのも大きなメリットといえます。

収納ピットはバイクを使えるの?

収納ピットには屋外型のコンテナも用意されていますから、バイクの収納にも便利です。

屋外のコンテナというと暗くてセキュリティが心配だという人も多いかもしれませんが、収納ピットの屋外型コンテナは1階のみとなっていますから死角ができにくいように配慮されていますし、女性でも安心して利用できるという特徴があります。

屋外型のコンテナはコンテナの前まで車で乗り入れることもできますから、バイクだけではなく大きな物や冬用のタイやなどの収納にも便利です。

また鍵は複製困難な業界最高のイスラエル製の物を使用していますから安心です。

収納ピットはこんな人に向いている!

トランクルームには興味があるという人も多いと思いますが、料金がネックとなって断念している人も少なくないのではないでしょうか。

収納ピットは業界最安値の税別2800円から利用することができますし、屋外コンテナタイプは他社と比べても1畳あたり500円近くも安くなっていますから、手軽に利用できるトランクルームといえます。

今までのトランクルームは郊外にあることが多く、車を何十分も走らせないといけない場合がありましたが、収納ピットは関西エリアを中心に160店舗以上ありますから自宅から近く出し入れも気軽に行えるという特徴があります。

自宅の収納がいっぱいでものがあふれてしまった人や大切なバイクや自転車を安全な場所で保管したい人、衣替えの衣類や季節の物などを整理したい人などにも収納ピットはおすすめです。

収納ピットの費用・料金

収納ピットは屋内・屋外の2週類の収納スペースがあります。

屋内トランクは都市部を中心にさまざまなサイズが用意されていますから、衣類や軽荷物、ロードバイク、ゴルフバックなど幅広い用途に利用することができます。

0.3畳なら月額利用料は税別2800円~、0.5畳で3750円~、1.0畳で5000円~、1.5畳で7000円~、2.0畳で10000円~、3.0畳で16000円~利用することができます。

屋外コンテナは0.7畳で4320円~、1.2畳で7200円、1.6畳で8000円、2.0畳で10000円~、2.7畳で13000円~、4.1畳で20000円~となっています。

屋内タイプは空調もきちんと管理されていますから、幅広い目的に利用することができますし、屋外コンテナは輸送用のコンテナを加工したコンテナを使用しています。

初期費用として契約当月分の日数+翌月分の使用料と、事務手数料として月額使用料の1ヶ月分、保証料として月額使用料の半月分、JRS会員費として900円×2ヶ月分が必要となります。