モノオクとは?口コミや評判、トラブルが起こらない利用方法も紹介!

「モノオクで物を預けたい!!」

「モノオクで空いてるスペースを貸し出したい!!」

と気になり、お調べではないですか??

今回は、いま話題の物置きのシェアリングサービスモノオク」について紹介します。

モノオクは「手軽に使える物の置き場所を探している」「空いてるスペースを貸し出したい」という人同士をマッチングさせるサービスです。

この記事では『モノオク』の仕組みや使い方を詳しく解説!

実際の利用者の口コミや他社サービスとの違いも取り上げながら、モノオクのメリットやデメリットをお伝えします。

最後まで読めば、モノオクの利用方法がバッチリと分かるはず!

ぜひこの記事を読んで、モノオクが自分の求めているサービスに見合うかどうかを確かめてみてください。

モノオクの7つのポイント

  1. 荷物の置き場に困っている人と余っているスペースを貸したい人のマッチングサービス!
  2. 料金体系がシンプルで安い!
  3. 47都道府県全国で利用できる!
  4. 最短1日から数週間、数ヶ月単位で預けることができる!
  5. スペースを貸せば物を預かるだけで副収入を得られる!
  6. 保証制度があるため預ける人も預かる人も安心!
  7. メールアドレスがあれば誰でも簡単に始められる!

>> 公式サイトをチェックする!

1.モノオクってどんなサービスなの?

モノオクは「物置きシェアサービス」という新しいスタイルのスペース活用法。

荷物の置き場に困っている人(ユーザー)」が「余っているスペースを貸したい人(ホスト)」から、物置きスペースを借りる仕組みです。

物を預ける人は、簡単に、安く、物置き場所を見つけることができますし、スペースを貸す人は物を預かるだけで副収入を得ることもできるんです。

1ー1.モノオクのスペース

実際にモノオクに登録されている物置きスペースは下記の通りです。

▼使っていないクローゼットや押し入れ

出典:モノオク(https://monooq.com/space/2426)

野外の物置きや物流倉庫のスペース

出典:モノオク(https://monooq.com/space/2270)

▼一軒家や賃貸物件の空き部屋

出典:モノオク(https://monooq.com/space/2306)

▼使われていないロフト

出典:モノオク(https://monooq.com/space/1464)

貸し出されている物置きスペースは、場所も広さも実にさまざまです。

1ー2.モノオクの料金

モノオクは料金がとても分かりやすくシンプルです。

料金は、ホストが提示するスペースの利用料を支払うだけ。

登録手数料や仲介手数料といった初期費用は一切かかりません。

料金は借りるスペースの広さや立地に応じて設定されています。

モノオクのサイトでは、ホストが提供するスペースに対して「全てのスペース」半分のスペース」1/4程度のスペース」に分けて設定した月額料金を確認できます。

利用する際は、サイトに提示してある月額料金を基準に、1日・1週間・2ヶ月など、借りたい日数をホストに相談して見積もりを出してもらう流れです。

複雑な料金形態ではないので、初めての方も安心して利用できますね。

モノオクの料金の相場は月額5,000円!

モノオクの料金は、一畳あたりの平均相場が月額5,000円程度です。

モノオクの料金は、ユーザーが必要とするスペースの広さによって料金が変動します。

なかには一畳あたり月額3,000円程度で使えるスペースもありますよ。

リーズナブルな価格設定なので、気軽に試すことができます。

ここからは実際の料金について具体的な一例を見てみましょう。

東京都新宿区西新宿エリア|約6畳のスペースの場合

全てのスペースの月額料金 半分のスペースの月額料金 1/4程のスペースの月額料金
25,000円 13,000円 8,000円

※料金の目安30日間あたり

▼東京都世田谷区太子堂|4畳のスペースの場合

全てのスペースの月額料金 半分のスペースの月額料金 1/4程のスペースの月額料金
10,000円 5,000円 3,000円

※料金の目安30日間あたり

モノオクでは必要以上のスペースを借りて、余計な料金を支払うこともありません。

最小限の出費で賢くスペースを活用することができるのは気持ちが良いですね。

大きなコンテナやトランクルームに少量の荷物を預けている人は、モノオクで必要なスペースだけを借りることで必要経費を大幅に削減することができます。

1ー3.モノオクのサービス提供エリア

モノオクは、物置きスペースの拠点数が豊富なのが魅力です。

モノオクに物置きスペースを登録しているホストは全国各地にいます。

自分の家から近い場所はもちろん、引っ越し先や出張先での物置き場所を探したい人にもピッタリです。

1ー4.モノオクの利用期間

モノオクの利用期間は、最短1日です。

モノオクはホストが個人的に貸し出すスペースなので、期間を柔軟に対応してもらえるところがメリット。

最短1日や1週間といった短期間から対応してくれる便利なスペースが多いのです。

「最低1ヶ月は契約しなければならない」というような規則もありません。

「リフォームをする間、2週間だけ家電製品を3点預けたい」など、スペースを借りたい理由を相談すれば、多くのホストが快く承諾してくれます。

これに比べて、企業が経営するトランクルームやレンタル倉庫の場合は、月単位の契約のことが大半。

借りたい期間が数週間など短期間の場合、月単位の契約では無駄な月額料金を払うことになります。

モノオクでスペースを借りる期間はホスト側との相談次第なので、短期から長期まで使い方はさまざまです。

「リフォームの期間だけ荷物を置いておきたい」「引っ越し前に搬入する荷物を1日だけ置いてほしい」など、使い勝手がよいスペースが見つかるでしょう。

>> 公式サイトをチェックする!

2.モノオクを使うユーザーのメリット・デメリットは?

まずはモノオクを使うユーザーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

モノオクで場所を貸すホストのメリット・デメリットはこちら

2ー1.モノオクを使うユーザーのメリットは?

モノオクを使うユーザーのメリットは主に下記の4つです。

  1. 必要な分の物置きスペースを低価格で確保できて嬉しい!
  2. 思い立った日にメッセージひとつで荷物を預けられてラク!
  3. 保証制度があるから安心して荷物を預けられる!
  4. ホストに対して料金や利用期間などの相談ができる!

ここからは実際にモノオクを利用するイメージをしながら、具体的なメリットを見ていきましょう。

メリット1.必要な分の物置きスペースを低価格で確保できて嬉しい!

モノオクは低価格で使える物置きスペースです。

必要なスペースに応じて細かく料金が設定されているので、必要以上のスペースを借りて無駄な出費を支払うストレスもありません。

月々3,000~5,000円ほどの出費でスペースと心に余裕が生まれます。

いま、あなたが預けたいと思っている荷物はどんなものでしょうか。

「預ける荷物が少ないから、わざわざ高いお金を払って広いスペースを借りるのは勿体ない」と思っている人も、モノオクで荷物分のスペースを借りるなら悩む必要はありません。

預ける期間が短い場合は、友人や親戚に頼むという手もありますが、預け先に気を遣ったり、お礼の品を選んだりするのも意外と大変です。

モノオクなら、シンプルな利用料金のみで、簡単に荷物の預け先が見つかります。

モノオクで必要な料金のシミュレーション

例えば、リフォーム中にソファや数点の家具を預けたい場合はどうなるでしょうか。

必要なスペースを想定して、必要な料金をシミュレーションしてみました。

  • エリア/東京荒川区
  • 預けたい荷物/食器棚・ソファ・電子レンジ・テレビ
  • 必要スペース/1~2畳
  • 預けたい期間/リフォーム中の2週間

この条件に合うスペースを探した結果下記の通りです。

サービス モノオク(古民家の押入れ) 屋内トランクルームA社 屋内トランクルームB社
最短の利用期間 短期2週間~ 短期1ヶ月~ 申込み月+翌月の2ヶ月間
月額使用料(2.0畳) 3,500円 12,960円 12,600円
その他手数料 なし ・月額動産保険料
500円
・事務手数料
5,400円
・鍵交換代
3,240円
・初回保証手数料
7,268円
・初回保証料
300円
・管理費(初月)
2,160円
・使用料(次月)
12,600円
・管理費(次月)
2,160円
・安心保証パック
540円
・鍵買取料
2,940円
・セキュリティ登録料
1,080円
合計 合計3,500円 合計29,668円 合計33,080円


モノオクでは、ホストとの相談により月額料金の7,000円を日割り計算し「2週間のみ」の賃料にしてもらうことができました。

他社の場合、物を置きたい期間が2週間でも契約期間は最短1ヶ月からです。

物を置く必要がない2週間も、賃料を払わなくてはいけないのは勿体ないですね。

さらに諸々の初期費用が必要になるため、3万円前後の費用が必要という結果になりました。

モノオクは「必要な期間だけ契約できる」「初期費用が一切かからない」という点から、他社のサービスに比べてとても安く済むことが分かります。

メリット2.思い立った日にメッセージひとつで荷物を預けられてラク!

モノオクを使えば、メッセージひとつで簡単に身の周りの荷物を減らすことができます。

利用に必要なのは、ホストとのメッセージでのやりとりのみ。

審査や書類の提出など、面倒な手続きなしでスグに利用できるので、荷物を預けるまでがとってもスムーズなのです。

パソコンやスマホがあれば、思い立ったその日に登録し利用開始することが可能ですよ。

メッセージの送信手順は下記の通りシンプル!

あなたがメッセージで送る内容は下記の4つです。

  1. スペースを利用する理由
  2. 預けたい荷物の内容とその写真
  3. 借りたいスペースのサイズ
  4. スペースを利用する期間

この4つをホストに送れば、見積り金額が提示されます。

申請書を記入したり、内覧へ行くような手間はかかりません。

スムーズにやりとりが運べば早ければ今日、明日にでも適当な物置きが確保できるのです。

急ぎで物置きスペースを確保したい人は、早速モノオクでホストに相談してみましょう。

メリット3.保証制度があるから安心して荷物を預けられる!

自分の大切な荷物を、知らない場所に預けるのは不安ですよね。

でも、モノオクなら大丈夫。

モノオクには、預けた荷物を守るための保証制度が用意されています。

利用者の安心をサポートするために三井住友海上と協力して受託者賠償責任保険を適応させているのです。

破損・紛失・盗難など問題が起きた場合は、最大10万円(免責金額3,000円)までの補償が提供されます。

保証制度は、モノオクで取引・決済を行ったスペースへ置いた荷物すべてに自動的に適用されるので安心して利用できるでしょう。

下記の場合は適応されないので注意が必要です。

  • モノオクのメッセージ上で記録に残っていない、ホストが把握していない荷物の場合
  • モノオクに登録していないスペースに置いた荷物の場合
  • モノオクで定める「取引ができない荷物」に記載された違反の荷物の場合

ただし、保証があるといっても、トラブルを防ぐためにはモノオクのルールを厳守することが絶対です。

取引の際は必ず取り引きの履歴が残るように、モノオクの専用プラットフォームでやりとりを行いましょう。

初めての方は、モノオクの公式サイトから禁止されている行為やマナーを念入りに確認してください。

▼モノオクのルールはこちらからチェック!
モノオクのルールとマナーについて

メリット4.ホストに対して料金や利用期間などの相談ができる!

モノオクでは、スペースを借りる際にホストに対して料金や利用期間などの相談をすることができます。

料金や利用期間なども一応決まってはいますが、ホストに相談することによって、臨機応変に対応してもらうこともできます。モノオクの相談の流れ出典:モノオク(https://monooq.com/)

希望があれば、ホストにその都度相談してみてください。

2ー2.モノオクを使うユーザーのデメリットは?

モノオクを使うユーザーのデメリットは主に下記の2つです。

  1. 頻繁な出し入れはできない可能性もある
  2. 見ず知らずの人に預けるのは不安

使う際に注意してほしい部分なので、デメリットもしっかりと確認していきましょう。

デメリット1.頻繁な出し入れはできない可能性もある

モノオクを利用している間に、預けている物を出し入れすることができるかどうかはホストによって異なってきます。

スペース概要のところに期間中の途中持ち出しができるかどうか書いてあることもあるので、こちらもしっかり確認しましょう。

スペース概要欄に出し入れ可能か書いてある

出典:モノオク(https://monooq.com/)

スペース概要欄を見てもわからない場合は、ホストに確認するようにしましょう。

デメリット2.見ず知らずの人に預けるのは不安

モノオクでは、スペースを借りる人とのやりとりは基本的に、Web上のみになります。

そのため一度もあったことのない見ず知らずの人に荷物を預けることになるので、不安に感じられる人もいるでしょう。

スペースを借りる前に、プロフィールを必ず確認するようにしてください。

性別や年齢など気になる点があれば、事前にホストに聞いておくなど対策をしておくと安心して預けられるでしょう。

3.モノオクで場所を貸すホストのメリット・デメリットは?

次にモノオクで場所を貸すホストのメリット・デメリットを見ていきましょう。

3ー1.モノオクで場所を貸すホストのメリットは?

モノオクで場所を貸すホストのメリットは主に下記の2つです。

  1. 家の空きスペースが副収入になる
  2. 審査などもなく簡単に登録できる

それぞれ見ていきましょう。

メリット1.家の空きスペースが副収入になる

今現在なににも利用していない家の空きスペースが副収入になります。

ホスト側になったとしても、特別何かをしなければいけないということはありません。

基本的には、ユーザーとの連絡を取り合い、荷物を預かるだけです。

何か手を動かる必要もないので、自分の自由時間を確保しながら、副収入を得ることができますよ。

メリット2.審査などもなく簡単に登録できる

モノオクであれば、審査などもなく簡単に登録できてスペースを貸し出すことができます。

モノオクのホストになるのに必要になるのは、主に以下の2つです。

  1. スペースの写真
  2. メールアドレス

誰でも簡単に利用することができるので、空きスペースがあれば登録を検討してみてください。

3ー2.モノオクで場所を貸すホストのデメリットは?

モノオクで場所を貸すホストのデメリットは主に下記の2つです。

  1. サービス手数料が20%かかる
  2. 大きな収入にはならない

それぞれ見ていきましょう。

デメリット1.サービス手数料が20%かかる

モノオクでは売り上げに対してサービス手数料が20%かかります。

貸し出し料金 売り上げ 手数料
10,000円 8,000円 2,000円
20,000円 16,000円 4,000円

20%はなかなか高い割合ですが、その分初期費用や維持費用はかかりません。

売り上げが発生しない限りはお金がかかりませんので、安心してホスト登録することができますよ。

デメリット2.ユーザーとのトラブルになる可能性もある

物を預かるだけと言っても、ユーザーにとっては大切な物である場合もあります。

預かっていて、万が一のことがあれば、ユーザーとトラブルになる可能性も出てくるでしょう。

ただしモノオクには保証制度があるので、最大10万円までは補償の対象になります。

モノオク外でやりとりをすると、補償対象になりませんので、注意してください。

4.モノオクと他社を徹底比較

ここからは、モノオクと他社サービスの違いについて紹介します。

比較するサービスは下記の3つです。

  1. トランクルーム・ストレージ王
  2. サマリーポケット
  3. trunk

自分に適したサービスを知るためには、さまざまな選択肢を知っておくことが大切です。

それぞれのメリットや料金など利用上のポイントを紹介するので、自分の理想に近いサービスを見つけてみてください。

4ー1.モノオクと他社サービスを比較した結果

モノオクと他社のサービスを比較した結果は下記の通りです。

  • 安全性が高い場所に大切な荷物を預けたい
    トランクルーム」がおすすめ
  • できる限りお手頃な価格で預けたい
  • 小さな荷物や洋服を月単位で預けたい
    サマリーポケット」TRUNK」がおすすめ
  • 大きな家具やスポーツ用品を預けたい
  • 重さを気にせずスペース単位で預けたい
    モノオク」がおすすめ

選ぶ際は、預ける荷物のサイズ・期間・予算に応じて検討するのが良いでしょう。

4-2.「トランクルーム・ストレージ王」と比較

トランクルーム・ストレージ王、預ける場所の設備やセキュリティを重視する方におすすめのサービスです。

トランクルームの特徴は主に下記の2つ。

  1. 管理の質が高いから安心!
  2. 基本料金以外に初期費用や手数料がかかる!

ここからは、一般的なトランクルームの特徴を詳しく解説します。

特徴1.管理のセキュリティレベルが高いので安心!

ストレージ王の強みは、トランクルームに空調設備や防犯カメラがついていること。

充実した設備が整っており、セキュリティレベルが高いことから安全性はお墨付きです。

個人だけでなく法人が使うことも多いですよ。

暑さや湿気で預ける荷物が傷んでしまうことが心配な人には最適な環境です。

荷物の保管状態を重視する人におすすめしたいサービスと言えます。

特徴2.基本料金以外に初期費用がかかる

ストレージ王を利用する際は、基本料金のほかに諸々の費用がかかります。

初回の支払いで必要な額は下記の通りです。

試しに「月額賃料12,420円」の利用金額を短期と長期に分けてシミュレーションしてみました。

<【東京荒川区エリア/短期1ヶ月】2階の3畳タイプの場合の初期費用>

<【東京荒川区エリア/長期3ヶ月】2階の3畳タイプの場合の初期費用>

ストレージ王の初期費用は、利用期間にもよりますが月額賃料の2.5ヶ月~3.5ヶ月分ほどかかります。
詳しくは下記のリンクからご覧ください。
ストレージ王の公式サイトはコチラから!

その点、モノオクの場合は初期費用が一切ないため、必要なのは月の利用料のみです。

ちなみにモノオクで、東京荒川区エリアを3畳借りる場合は、ひと月12,000円ほどで借りられるスペースが見つかりました。

初期費用をおさえて、リーズナブルに物置きを借りたい人は、モノオクがおすすめです。

4-3.「サマリーポケット」「TRUNK」と比較

サマリーポケット」と「TRUNK」は、安い料金で小さな荷物を預けたい人におすすめのサービスです。

サマリーポケット」と「TRUNK」は、ネットで申し込める宅配収納サービスなので、荷物を箱に詰めて送るだけで、専用の倉庫で管理してもらうことができます。

宅配収納サービスの特徴は下記の2つ。

特徴1.月額料金が安い

特徴2.大きな荷物を預けられない

ここからは、宅配収納サービス「サマリーポケット」「TRUNK」の特徴を詳しく解説します。

特徴1.月額料金が安い

「サマリーポケット」「TRUNK」は、月額料金500円以下で使えるサービスです。

非常に低コストで魅力的なサービスですが、月額料金で預けられる荷物は各社が用意した規定の箱に収まる量に限られます。

月額料金は1箱当たりの保管費用なので、箱が増えるごとに料金が加算される仕組みです。

段ボール1箱程度に収まるような少量の荷物を預けたい人には最適のサービスでしょう。

各社の料金は下記の通りです。

▼サマリーポケットの料金

サマリーポケット TRUNK
初期費用 無料 1箱目500円
※2箱目~500円
 月額保管料 250円~500円/箱
※初月無料
500円/箱
※初月無料
取り出し手数料 800円~980円/箱
※全国一律
800円1梱包
400円

TRUNKは登録手数料が箱数分かかるため、預ける量によっては初期費用が高くなります。

宅配収納サービスで価格を重視して選ぶのであれば、サマリーポケットがいいでしょう。

また、どちらも預けた商品を取り出すときには取り出し手数料がかかります。

あまり頻繁に取り出すことのない衣替えの洋服や本などを預けるには便利ですが、頻繁に取り出したい身近な荷物を預けるには不向きです。

また「サマリーポケット」「TRUNK」には、預けた荷物を写真撮影して一覧化してくれるサービスなどいろいろなオプションプランもあります。

興味のある人は、ホームページで詳しくチェックしてみてください。

特徴2.大きな荷物を預けられない

「サマリーポケット」「TRUNK」は、大きな荷物を預けずらいところがデメリットです。

基本的には、下記のサイズの箱に入りきるサイズの荷物しか預けられません。

▼サマリーポケットのボックスサイズ

レギュラーボックス 幅38cm × 奥行38cm × 高さ38cm
※重量制限25Kgまで
アパレルボックス 幅60cm × 奥行38cm × 高さ20cm
※重量制限25Kgまで
ラージボックス 幅68cm × 奥行47cm × 高さ35cm
※重量制限25Kgまで

▼TRUNKのボックスサイズ

3辺合計が160cm以下のダンボール 例)幅55.5cm × 奥行47.5cm × 高さ36cm
※1箱30アイテム重さは20kgまで

ボックスのサイズだけでなく、なかに詰めるアイテム数や重量にも制限があります。

大きな家具や重い荷物は預けられないので注意が必要です。

5.モノオクの口コミ・評判まとめ

モノオクのサービスの概要、メリット、デメリットなどお伝えしました。

とはいえ、実際に使っている人はどう思っているの?と気になる人もいますよね。

ここからは、モノオクの口コミ・評判などを紹介していきます。

  1. モノオクの口コミ・体験談
  2. モノオクはSNSでも話題!
  3. モノオクはメディアでも話題!

順番に見ていきましょう。

5ー1.モノオクの口コミ・体験談

主婦Aさん

子供が大きくなって、ベビーカーやベビーベットを使わなくなりました。しかし、今後2人目を考えていることもあって捨てることができず、置き場所に困っていたのです。

かといって、家の近くのコンテナやトランクルームを借りると月1万円以上の出費になるので家の隅に置きっぱなしにしていました。

そんな時にメディアを通じて知ったのが「モノオク」です。

近隣エリアで検索してみたところ、家から一駅隣にある一軒家の空き部屋を見つけてスグにホストへ相談。

ひとまず1年の契約で荷物を置かせていただくことに決まり、生活スペースを圧迫していたベビー用品をまとめて預けることができました。

ホストの方がとてもいい人で「お子さんが使わなくなった玩具や洋服も置けるから、荷物が増えたら相談してね」と言ってくださっています。

値段は1畳ほどで月々3000円。これなら家計の負担にならず、長く預けられるので助かります。

子供が遊べるスペースも増え、当初の予算より大幅に費用を削減できたので代わりに小さな勉強机を置いてあげました。

利用してみて本当に良かったです。

自営業Bさん

自営業を営んでおり、取引先と交わした書類や商品の在庫の置き場に困っています。

保管するにも年々場所を取るばかりで、事務所がごちゃごちゃして大変。

どうにかしたいと考えた時、知人に「モノオク」を紹介してもらいました。

いろいろと検討した結果、コンテナを借りるよりも圧倒的に安いので、経費の削減のために利用することを決めました。

近場の倉庫の一角を貸していただくことになり、過去の書類や在庫を詰めた段ボールを10箱預けることができましたよ。

半年に一度在庫セールをするので、その際は在庫を取り出させていただくようお願いしています。

モノオクでスペース借りるまでは、物が溢れた狭い事務所では印象が悪いため、取引先との打ち合わせはいつも社外でした。

今後は空いた場所に応接スペースを作りたいと思っています。

社員たちは冷蔵庫を置いてほしいと言っていますので、検討中です。

やはりモノオクは低価格で物を預けられること」「普段の生活スペースや仕事場に余裕ができること」が最大のメリットですね。

逆にデメリットとなるのは好きな時に荷物を取り出せないこと」でしょう。

荷物を契約期間の途中で取り出す場合や入れ替える場合は、預け先であるホストに相談する必要があります。

モノオクに預けるのは頻繁に取り出す荷物ではなく、長期的に預ける荷物が良いですね。

長期で荷物を預ける際はホストにあらかじめ「期間中に荷物と取り出す可能性があるか」を共有しておくことが大切です。

その場合は「荷物を取り出せる日時」や「連絡の取りやすい時間帯」について確認しておけば、互いに気持ちよく取引ができますね。

5ー2.モノオクはSNSでも話題!

モノオクはメディアで報じられていることもあって、注目している人が大勢います。

今後、ホストの拠点もドンドン増えていくので、ユーザーとしてもより一層使いやすくなるでしょう。

5ー3.モノオクはメディアでも話題!

モノオクはテレビ番組やネット記事で度々取り上げられています

これまでにない画期的なサービスとして注目されているのです。

ユーザーとホストの両方にメリットがあるサービスなので、利用したいと考える人も大勢います。

モノオクを利用しているユーザーは、サービス開始1年で1,000人を超える急成長っぷり!

2018年11月には、登録ユーザー数が4,500人突破しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000024093.html

モノオクは各メディアから「手頃に使えるからちょっとした荷物でも借りやすい」「空き家問題の活用法として使える」と高い評価を得ています。

平成30年北海道胆振東部地震や大型台風の際には、被災エリアでモノオクのスペースを無償提供するという取り組みも実施していました。

サービスを利用した支援を行い、社会貢献をしている企業なので好感度も高いですね。

6.モノオクはこんな物を預けたい人におすすめ

モノオクはこんな物を預けたい人におすすめです。

  • 仕事の関係で捨てることができないビジネス書類
  • 趣味で集めているけど家族に受け入れてもらえないグッズ
  • スポーツ用品やキャンプ道具など季節用品
  • 衣替えをしてもクローゼットから溢れかえっている洋服
  • 思い出の品として捨てずに保管しておきたい子供の玩具
  • 収納スペースが足りずに部屋に放置されている荷物

ちなみに、モノオクで一番多く預けられているのは「家具・家電」。

二番目に多いのは「趣味用品」です。

モノオクを使ってずっと邪魔だと感じていた物が片付ければ、自由に使えるスペースが増えて生活にゆとりが生まれます。

子供の使わなくなったおもちゃを預ければ、日々の片づけや掃除の手間も省けますね。

留学や出張で家を留守にする人は、モノオクを利用して荷物を預けることで家賃を大幅に削減できます。

また、モノオクを利用して身の周りの荷物を減らした人はスペースに余裕が生まれた分、仕事が捗るようになったり、家族との時間が充実したりといいことだらけ。

これだけのメリットを考えれば、月々3,000~5,000円の出費はコスパが良いと言えるでしょう。

7.実際にモノオクを使ってみよう!

ここからは、モノオクの使い方の流れを紹介します。

モノオクの使い方は非常に簡単です。

下記の5つの手順をクリアすればスグにスペースを借りることができます。

  1. まずはモノオクにユーザー登録
  2. 借りたいスペースを検索
  3. メッセージで交渉開始
  4. 料金の支払いをして取引成立!
  5. スペースの利用開始

次はそれぞれの手順について詳しく紹介します。

この記事を読んで「モノオクを使ってみよう」と思った人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ステップ1:まずはモノオクにユーザー登録

まずはモノオクのユーザー登録です。

サイトの右上にある【新規登録】をクリックし、メールアドレスとパスワードを設定します。

その後は、表示される画面に沿ってプロフィールを登録すれば完了です。

ステップ2:借りたいスペースを検索

次にスペース検索から、自分が借りたい条件の物置きを探しましょう。

検索では、下記の条件で絞り込みができます。

  • 地域
  • 料金
  • スペースの広さ
  • 預ける荷物
  • 受け取り方法

細かい条件を選べるので、簡単に希望とマッチする場所を探すことが可能です。

もしも希望に合うスペースがなかなか見つからない場合は、モノオクのコンシェルジュに無料相談することができます。

手っ取り早くスペースを見つけたい人は【相談する】のボタンから連絡してみてください。

ステップ3:ホストにメッセージで交渉開始

希望に合うスペースが見つかったら、直接ホストと交渉をしましょう。

このホストに相談する】のボタンを押せばメッセージを開始できます。

メッセージを送る際は、下記の5点を忘れずに送りましょう。

  1. スペースを利用する理由
  2. 荷物の内容
  3. 荷物の写真
  4. 預けたい期間
  5. 必要なおおよそのスペースの広さ

メッセージの内容をどのように送ればいいか分からない人は、下記の例文を参考にしてください。

▼メッセージの例

はじめまして。●●と申します。
この度、●●さんのスペースをお借りしたくご連絡いたしました。

こちらの条件は下記になります。
お手数ですがご確認をお願い致します。

スペースを利用する理由:●●(例:転勤のため)
荷物の内容:●●※写真を添付します。
預けたい期間:●月●日~●月●日
お借りしたいスペースの広さ:●●

配送方法や荷物の引き渡し日時は●●さんの条件に従います。
ご検討のほど、宜しくお願いいたします。

スペースを利用する理由は必須ではありませんが、添えて連絡を入れることでホスト側も事情をわきまえたうえで不安なく荷物を受け入れることができます。

このメッセージを送ったら、あとはホスト側からの連絡を待ちましょう。

≪ここに注意!≫

ホストに相談する前には、ホストのページ上で必ず下記をチェックしておきましょう。

  • 料金の目安
  • 期間
  • スペースに置ける荷物
  • 受取り方法

この4つを必ず確認し、自分の預けたい荷物と条件と合っているかキチンと確認しておいてください。

不明点やより詳しく知りたいことがある場合は、メッセージで相談しましょう。

確認を怠ると、アンマッチが発生する原因になるので要注意です。

ステップ4:料金の支払いをして取引成立!

ホストと相談して金額と条件に納得がいったら、取引成立です。

取引成立後は、料金を支払ってから荷物の発送となります。

料金の支払い方は、クレジットカード決済または銀行振り込みです。

支払いが済んだら、ホストと相談した方法で荷物を送りましょう。

ステップ5:スペースの利用開始

発送が済んだら、契約期間に則りホストのスペースに荷物を置かせてもらいます。

相談時に決めた契約期間中、ルールに沿ってスペースを使わせていただきましょう。

スペース利用終了日になったら、忘れずに荷物を引き上げます。

無断での延長はできないため、期間終了間近になったらホストへ連絡をして引き取りの対応を進めてください。

もしも連絡をせず無断で期間外のスペース利用を続ける場合は、規約に則りペナルティ料金発生します。

期間を延長したい場合は、期間終了2週間前を目安にホストへ相談するのがベストです。

まとめ:モノオクを使って日々とスぺースに余裕を!

今回はモノオクの使い方やメリット・デメリットを紹介しました。

モノオクは自分に合う条件のホストが見つかれば、即座にサービスを利用できるのが最大のポイントです。

今後『物を置きたい』という人の選択肢の一つとして、ますます注目されるサービスになることは間違いありません。

ライフスタイルが多様化する今の時代だからこそ、モノオクのようなサービスが多くの人から必要とされるのですね。

紹介した事例以外にも、モノオクの使い方の可能性はどんどん広がっていくことでしょう。

ぜひあなたも自分の生活を豊かにするために『物を置くスペース』の活用法を検討してみはいかがでしょうか。

次に、実際にモノオクの物置きスペースを利用している人の悩みも見てみましょう。

・引っ越しの際、一時的に大きな家具を預ける場所を探している

・スキー用品が場所をとるのでシーズンまでどこかに預けたい

・子供が生まれたから荷物を減らして生活スペースを広くしたい

・出張や転勤中に家を空にして貸料を削減したい

・捨てられない書類や大切な思い出の品を保管できる場所がほしい

ユーザーが求める物置きスペースの使い方は人それぞれです。

だからこそ、モノオクで見つけられるスペースの広さや場所の多様さは、自分が必要とするピッタリの物置き場所を見つけるのに最適なのですね。

これまでにない斬新なサービスなので「気になる!」という人もいれば、「なんだか使うのは心配…」と思う人もいるしょう。

ここからは、はじめてモノオクを使う人のために利用料金や拠点情報といったサービス内容を具体的に紹介していきます。